独立・起業・フリーランスのための総合プロデュース

オメガスカイ株式会社

目標

独立・起業の準備と目標

投稿日:

電卓

 

独立・起業の準備と目標


お金

起業=お金の問題。

初期投資が必要なら勿論、もし初期投資が少なく始められる分野でも、

いずれにせよ、0円スタートではありません。

開業したのもの、収入がなければ、すぐに廃業。最悪の場合は、負債を抱えることになります。

現在、自分(家族)に必要な月収は?年収は?

もしも、収入が足りなければ、貯蓄で補えるのはいくらなのか?

住民税、所得税、健康保険、介護保険、厚生年金・・・

例えば、20万程の月収で計算しているなら、生活費は不足し、生活は崩れはじめます。

必要な生活費の2~3倍を目標設定するのが、最低ラインです。

 


必要な金額は?

起業の初期投資の準備は、いくらですか?

開業する分野で、金額がかなり違うでしょう。

店舗を持つ場合と、持たない場合。

インターネットを幅広く活用するなら、パソコンやその周辺機器。

自分で既に持っている道具があるのか、ないのか・・・?

そして、肝心なのが運転資金です。

一般的に生活費の6ヶ月分は、必要だということを目安にして下さい。

 


公私を分ける

お金や時間にルーズな人は、要注意です。

フリーランスになるということは、自分のお金と会社のお金、

また、自分の時間と仕事の時間が一日の中に混在する状態になりやすく、

公私を明確に分けなければ、一瞬にして、買物のレシートか、会社の領収書か

出掛けた際の交通費も、仕事に出掛けて帰りは、そのまま別の場所へ遊びに・・・

といった感じです。

経費は、税務署に申告の際に必要です。

会社用の財布を用意するのは、必須。

時間の使い方としては、自制心をもって行動することが大切です。

 


お金と仕事のタイムラグ

サラリーマンでは、忙しい1ヶ月も、暇な1ヶ月も、会社が儲かっても、会社に損失があっても、

また、納期が何ヶ月先の仕事に従事していても、

必ず、毎月同じ日に給与を受取ることでしょう。

しかし、フリーランスでは、今月受けた仕事でも、完了して納品するまで、納品しても、請求日まで、

報酬を受取ることはないのが一般的です。

このタイムラグを補う運転資金が必要なのです。

 

 

 

 

 

 

-目標

Copyright© オメガスカイ株式会社 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.